» 校長ごあいさつ

皆さん、こんにちは。はじめまして!

私達の慈恵福祉保育専門学校は、介護福祉学科・保育学科があり、それぞれの科で介護福祉士あるいは保育士・幼稚園教諭をめざして、毎日意欲的に取り組んでいます。

今の世の中で、生まれて初めての第一歩を踏み出す社会は保育の現場となります。そこでの役割は、子どもの人生においてもとても大きな影響力があります。また、終の住家である施設等で携わる仕事は、その方の人生のしめくくりの時を共にする大変意義深い仕事となるでしょう。

私達は常に、慈恵の心、相手を思いやり慈しみの心を持ち、寄り添える介護福祉士、保育士になりたいと思っています。 ステキな仲間達と一緒に目ざす道に向かって歩んでみませんか?

慈恵福祉保育専門学校 校長 岩瀬せつ子

» 教育理念

やさしさをカタチにしてください

幸せで充実した福祉社会、誰もが持っている理想です。この理想の実現のために、お年寄りや子ども、そして障害を持った人も、家庭や地域社会で人間らしく豊かな生活を自立して送っていけるように、お手伝いをするハートフルな人が、今、必要なのです。お年寄りや子どもとの触れ合いの中で、優しさをカタチにする手応えが実感できる幸せ。慈恵福祉保育専門学校では、心のコミュニケーションを大切にする、あなたを応援します。

本当に大切なのは、人を「いつくしむ」心

福祉に携わる人間にとって何よりも肝心なのは、相手を思いやり、そして慈しむ心を持ち続けること。もし自分が利用者の立場だったら、どういう気持ちだろうか。その方のためには今何ができるだろうか。相手の気持ちをきめ細やかに配慮し、優しさで接することができる人。慈恵福祉保育専門学校では、そんな「慈」の精神を教育方針の柱として、本当に必要とされる人材を育てます。

強い心を磨く、かけがえのない学生時代を

学校での歳月は、「心」を強く成長させる期間。知識や技能の習得は無論、福祉や幼児教育の最前線からできるだけいい刺激を受けて、現場体験を重ねていきます。施設で実際にお年寄りや子ども、障害を持った人たちと出会って心触れ合い、そして時には難問や壁にぶつかり、ひとつひとつ解決しながら福祉や幼児教育に携わる人としての自分を磨いていく。先生のサポートを受けながら仲間とも支えあい、かけがえのない時間をみんなと共有できます。